So-net無料ブログ作成
検索選択

ベッド購入

引き渡しが前倒しになったことで、この週末はベッドの購入に動きました。

建替えが始まってから、これまでもことある毎にいろいろ見てきてはいたのですが、
なかなか決断できていませんでした。

これまで布団生活を送ってきた自分にとって、ベッド選びは初めての経験。
店舗でもネットでもまさにピンキリの世界で、どこで落としどころをつけていいものかと・・・

人生の1/3はベッドの上という言葉通り、価格の違いはどうあれ身体にあったマットレスを
選ばなければ、睡眠はもちろん、起きた後の生活まで左右されそうで、決して安くはない
買い物故プレッシャーもかかります。

リアル店舗では、定番のニトリ、無印、大塚家具を回ってみました。

ニトリは安いものからブランドものまで一通り揃っています。しかし寝比べてみれば一目(寝?)瞭然、
1~2万円のボンネンコイルマットレスではとても快眠できそうにありません・・・
7~8万円台のポケットコイルマットレスならそこそこ良さそうな感じでした。


無印だと同クラスのマットレスだとやや割高で、10万円オーバーになります。
ベッドサイズは150~160cmのクィーンサイズが希望なのですが、我が家では搬入の問題で
1ベッドではなく、2ベッドタイプを並べるかたちで考えていました。日本ではハリウッドツインと
呼ばれる形ですね。ちなみにヨーロッパではジャーマンツインというそうですが・・・

80cm幅のベッドであれば、なんとかホームエレベーターで3階まで上げることが出来そうなんですが、
160cmでは外から吊り上げ確定です。悲しきかな日本の住宅事情。


大塚家具ではこちらからメーカーや予算をはっきり示さないと、自社独占販売のアメリカ製
キングスダウンを強く勧められます。展示場でも他のメーカーは閑散としていましたが、
キングスダウンだけはカップルから家族連れまで大賑わいでした(笑)

マットレスは、今まで経験したことのないやわらかな寝心地。その時はダイニングセットや
ソファを見てからだったので、最後疲れたところにベッドを案内するというのも彼らの
テクニックなのでしょうか?

いや、別にキングスダウン自体は悪くないと思うんですけどね、何というか・・・押し売り感が
どうにもこうにも拭えなくて、結局見積もられた商品はフレームのないダブルクッションスタイルで
30万近くになりました。そしてその後は20万近くする羽毛布団

軽い!! やわらかい!! あったか~い!! とまぁいいものだなぁとはおもいましたが、それにベッドと
同じくらいの金額が出せるかというと???
最近は日本で買う羽毛布団も安くていいものが増えてきているそうですしね。

ブランドメーカーのショールームも見に行きました。日比谷のシモンズ、渋谷のサータ(ドリームベッド)。
ショールームなのでお店に比べると強引さが無いのでゆっくり選べます。

で、結局自分と妻にとって一番相性がよかったのはサータでした。
サータはアメリカのメーカーですが、日本では広島にあるドリームベッドというメーカーが
ライセンス生産しています。今回はとあるお店でサータのマットレスとドリームベッドの
フレームセットで24万円、ドリームベッドのマットレスで17万円という見積もりを出していただき、
サータに決定しました。ドリームベッドブランドのマットレスもコストパフォーマンスは
非常に高いと思いますが、ネットで調べていた両者の価格差に比べてお得感があったのでサータです。

マットレスは「サータ ポスチャー・パーフェクトスリーパー」というもの、フレームはドリームベッド
ブランド、部屋に圧迫感を感じさせないロースタイルで、寄りかかりもしやすいヘッドのmanyiro417
というタイプになりました。

メニーロ417.jpg

納期も新居の引き渡しに間に合うとのことで、これでようやく寝床を確保。
またひとつ難関をクリアした気分です。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

㈱リクルートライフスタイル 五木

はじめまして。
リクルートが運営します家具専門情報サイト TABROOM(タブルーム)編集部の五木と申します。
私ども、国内最大級の家具情報サイトとして、家具の製品情報や家具に関するニュースをお届けしております。
TABROOM(タブルーム)
http://tabroom.jp/

サータのマットレスついて書かれている記事を拝見し、コメントさせていただいております。

とても素敵なアイテムですね!
実は弊サイトでもこちらのアイテムを掲載しておりまして、是非pan様のご感想を製品レビューとしてご紹介させていただけないかと思っております。
つきましては、お使いのご感想を頂戴できませんでしょうか。
ご承諾いただける場合は、簡単なフォームの記入をお願いしたいので、私のメールアドレスまでご連絡をいただければと思います。

タブルーム 五木 雄 宛 itsuki@waku-2.com

突然のお願いで大変恐縮ですが、是非ご検討いただければと思います。
よろしくお願いいたします。
-------------------
サイト名:タブルーム http://tabroom.jp/
編集・著作:株式会社リクルートライフスタイル http://www.recruit-lifestyle.co.jp/
発行:株式会社リクルートホールディングス http://www.recruit.jp/
by ㈱リクルートライフスタイル 五木 (2014-06-12 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。