So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾旅行(14) 1日目

お茶の買い出しを兼ねて半年に1回は訪れている台湾も、2015年はタイミングが合わずスルー。
ようやく前回2014年12月以来、通算14回目の台湾旅行となりました。

もう主だった所は行き尽くしていますが、今回は以前からかなり興味を惹かれながらも訪れていなかった場所にチャレンジする事にしました。その場所とは台湾中部の山岳地帯梨山。台湾最高級と称される梨山茶の産地です。台湾茶好きの聖地と言っても過言ではないこの場所は、まさに台湾島のど真ん中に位置し、沿岸の主要都市からのアクセスは最高に悪いです…。

ということで今回の旅のスタートは成田空港から。梨山は現地で宿泊すると最低でも4日間必要になるため、3連休前の仕事終わりにスカイライナーで成田に向かい、深夜に台北に到着するという4日間の行程です。
スカイライナーは期限切れ間近の株主優待券をチケットショップで購入しておきました。

フライトはトランスアジア航空GE607便。台湾では復興航空という名前ですが、昨年一昨年と立て続けに事故を起こしたため、かなり不人気なのか激安価格でチケットが販売されていました。もっともこの会社この2件までは近年大きな事故もなく、手荷物も無料で預けられるなど、LCCに比べコストパフォーマンはよい会社でした。成田-台北線はLCC含め10社がひしめく激戦区のため1万円台で往復できるチケットもザラに出てきます。


久しぶりの成田第2ターミナル。サテライトとの通路が改装されてからは初めての利用です。
まずは5日前に妻が銀座の「Japan Duty Free GINZA」で購入した免税品の受け取り。場所は本館からサテライトに向かう通路の入り口の更に下。あまり目立つ場所ではありません。

CIMG0148.JPG


妻はジョーマローンのコロンとサン・ローランの財布を受け取りご満悦…。

CIMG0711.JPG


サテライトに向かう通路は以前の成田空港からは想像できないほど改装されています。もともと幅の広いスペースを使ってカフェや企業の広告スペースが並んでいます。

CIMG0149.JPG


こちらは私もピローを愛用している西川のAiRのPRブース。エアーのマットレスの上でゴロ寝ができます。
こんな空港他にあるでしょうか?

CIMG0152.JPG


スポットには既にトランスアジア航空のA320が折り返し準備中。この便は5月上旬までは最新鋭の大型機A330で運航されていましたが、機材が縮小されてしまいとうとう7月からは運休…。やはりLCCとの競争が厳しかったのでしょう。

それにしてもあたりを見回すとタイ・エアアジアやタイガーエア台湾、香港エクスプレス、窓の向こうの第3ターミナルにはジェットスターとLCCの百花繚乱。時代は変わりました。

程なくして搭乗開始。パット見日本人3対台湾人7くらいでしょうか?金曜夜なのでこれでも日本人比率は高い方なのでしょう。LCCではないので頭上の荷物棚のスペースを争うことも無く、平穏なボーディング。CAの安全確認動作もキビキビしていて第一印象は良好。足元も普通の広さで窮屈な気はしません。

CIMG0157.JPG


機内食はこんな感じ。私は豚そぼろ、妻は鶏肉。味はまぁ、美味しくもなく不味くもなく…

CIMG0159.JPG

CIMG0160.JPG


桃園空港の上空で15分ほど旋回待機の後、桃園空港に着陸。以前バニラエアの深夜便で到着した時は台北行きのバスが全て満席で乗れず、タクシーを利用する羽目になりましたが、今回はバスの本数も増え待たされること無く国交客運のリムジンバスに乗車。

今までバスのチケットは窓口で購入する方式でしたが、いよいよ自動券売機が登場。ただ時間指定はされていなかったので、直近の便に乗れる保証はありませんが…変わったといえばバスも古参のアメリカ製のごっついバスが廃車になり(あれはあれで味がありましたが)比較的新しい車に。前方には電光表示板も設置されましたが、相変わらず親切な車内アナウンスなどは無し。空港を結ぶバスなのですからもう少し改善されてもいいように思えますが…

ホテルは民権西路のホテルサンルート台北を予約してあるので、民権路を少し超えたところの台泥大樓で降車します。チェックインした後近所のセブン-イレブンで飲み物と夜食を購入。ついでにATMで現金を引き出します。

明日は梨山に向けて長い移動です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。