So-net無料ブログ作成

太陽光発電の勧誘 ④ 諦める…

昨年末から検討していた太陽光発電。
大成建設ハウジングからも見積もりを頂きました。

ざっと並べてみると…

ネット見積もり業者>電話勧誘業者>>>大成建設ハウジング

という感じでした。僅か4kW程度のシステムに200万なんて払えません…
彼らは口を揃えて「激安業者の工事品質なんかと比較にならない」と言いますが、逆に言えば高品質な業者に頼むと、15年以上も元が取れないのであれば、太陽光発電の導入自体がナンセンスなものと言うことになります。我が家の屋根にも太陽光パネルが置けるかも…なんて妄想を描いていた自分が馬鹿でした。

しかし、今回の一件で思い知ったのは、パルコンという壁式構造PC住宅で、メーカー以外の業者が手をつけることの難しさ。何も知らない業者が、壁や屋根に穴を開けたり、ボルトを埋め込んだりという作業がどれほどリスキーなことか。そしてそれを避けるため、保証を確保するためハウスメーカーに一般業者の3~4割近く高い費用を払わなければならないという事実。引渡し後初めてお金の掛かる話をもちかけたので、その割高感をまざまざと実感しました。防水・外装工事の時が恐ろしいです…

パルコンの屋上

昨日太陽光発電システムの業者が来訪したとき、ハシゴを持ち込んで我が家の屋上に上がり、実測していきました。私もこれまで屋上に上がったことはなかったため、これはチャンス!!ということで一緒に上がらせてもらいました。

入居3年で初めて上がる我が家の屋上。感慨深いです(笑)
3階のベランダにハシゴを出し、いざ屋上へ。

さすが1フロアあがるだけで見える景色が全然違う。あぁこんなところでBBQでもやったら楽しいだろうなぁ、屋上に階段付けときゃよかったなぁ、と後悔することしきり。いや、でも屋上を使わなかったからこそ太陽光発電なんてものを考えることが出来るんだ、と自分を説得。

エアコンの室外機が5台並んでいます。
転倒と下からの外観に気を遣ってくれたのか、建物の中央部に置かれています。
DSC_0181[1].JPG

排水口なども確認しましたが、特にゴミや枯葉などは無く、ほぼ3年経っても意外とキレイでした。パルコンの屋上には利用の有無にかかわらず、防水層の上に断熱パネルを敷き詰める、外断熱になっています。
DSC_0186[1].JPG


太陽光発電の勧誘 ③

年末に電話勧誘のあった業者が来訪し、見積もりの提示がありました。
高いだろうなぁとは思っていましたが…案の定高い。

パナソニックの太陽光パネル16枚(3.96kW)を敷いてお値段2,135,000円。これには蓄熱暖房機の本体+工事費約120,000円が含まれているので実質200万円、kW単価約50万円。

太陽光発電システム設置による削減効果は渋めに年間10万円と見込んでいるので回収までに20年、効果を12万円としても16年半掛かる計算になります。しかもこの期間中には防水工事のためパネルを一時撤去、再設置する費用が加わりますので、自治体からの補助金を加えても全くメリットがありませんでした。

さらにネットから依頼した業者からも見積もりが。
こちらは中国メーカー、トリナソーラーのパネル20枚(4.2kW)を、勾配つけずにベタ置きするというプランで184万円。kW単価約44万円。ちなみに10度程度の勾配をつけると、架台が割高になり、設置可能枚数も減ってしまうため、発電効率の悪いベタ置きでもトータルでは出力も高く、工事費も抑えることが可能とのこと。勾配つきでは工事費はほぼ同等で出力は3.57kWとなり、年間予測発電量は300kW近く減少する計算になりました。

まぁこれならまだ検討の余地はありそうですが、設置方法が外壁に固定した金具からワイヤーを張るというもので、正直かなり見栄えが悪いのが難点です。

あとは大成建設ハウジングの見積もりを待つのみとなりましたが、2014年度の電力買取価格で確定させるためには、経産省への届出を1/30までに提出する必要があり、もう半ば諦め気味です…

太陽光発電の勧誘…その後

年末に勧誘のあった太陽光発電業者から見積もりが提出されました。
内容としては、我が家の屋上に約4kw/hの太陽光パネルを設置し、合わせて夜間電力が安価となるプランに移行するため、蓄熱式の暖房機を設置するというものですが、税込み合計で210万円を超える金額でした。

高い…

我が家の平均月間電気代を投資の回収費用として考えると、約15年掛かる計算になります。当然悪天時、夜間は買電しなければならないので、現行の電気代がまるまる回収にまわせる分けもありません。私のシミュレーションではそれら差し引きの効果は年間10万円くらいと見ており、これを回収費用と当て、また12年後の防水工事の際の一時撤去、復元費用を考慮すると20年以上かかる計算になります。ありえないですね…もちろん売電による収入が多少あると思うので、プラスの効果もありますが、もともと冬場は高層建築に日射を阻まれる環境のため、あまり当てにすることは出来ません。

この勧誘をきっかけに、大成建設ハウジングとネット一括見積もりサービスを利用して相見積もりをかけていますが、kW単価35万円、合計130~150万円程度で納まらないのであれば、導入のメリットはないと考えています。

他社からの見積もりは来週になりそうですが、なかなか厳しい現実です…。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。