So-net無料ブログ作成
検索選択

南紀白浜旅行 2日目

南紀白浜旅行の2日目。

レンタカーでみなべの朝日楼を出発し、15分ほど走ってみなべ梅林に向かいます。
満開にはやや早かったものの、土曜日ということもあって駐車場はすでに結構な数の車が入っていました。梅林と言っても、熱海のような観梅用の庭園などではなく、梅を栽培する農家の敷地を回るようなイメージで、歩道はしっかり完備されているものの、なかなかの急勾配が続き年配者には少しきついかもしれません。

P1150891.jpg


入場料を聴取するゲートの前後にはお土産屋もたくさん並んでいて、梅干はもちろん、大根などの野菜や漬物、果物など、どれもリーズナブルでついつい手が出てしまいます。途中休憩できるようなスペースもあって、遠く太平洋を望みながら近づいてくる春の足音を感じます。

P1150895.jpg

P1150900.jpg


午後はここから半島を北西方向に進み御坊へ。あまり観光地として有名なところではありませんが、紀州鉄道という小さなローカル線が走っており、一度乗ってみたいと思っていました。今では珍しくなったレールバス。主要パーツはまさにバスのそれを流用して出来ており、おもちゃのような1両編成の列車が僅か4駅、2.7kmを往復しています。紀州鉄道といえばホテルのほうが有名ですが、もともと不動産屋であった会社が「鉄道会社」というブランドを持つため、赤字で経営難に陥っていたこの地の鉄道を買収したという経緯があります。今は鉄道が廃止になった後も「鉄道」を名乗る会社もあるので、いつ廃線になってもおかしくないような環境ですが、今のところそのような予定は無いようです。

レンタカーを駐車場に止め、JRの御坊駅0番線から出発します。

P1150910.jpg

P1150911.jpg


最高速度はせいぜい30km/hというところ。線路の状態もよくなく、スピードを出したら脱線しそうな揺れを感じながら、トコトコと進んでいきます。途中受験生に人気の「学門」駅も停車します。無人駅なので、縁起もの入場券は次の紀伊御坊駅で購入できます。

P1150915.jpg


紀伊御坊駅は紀州鉄道唯一の駅員配置駅。昔この路線を走っていたキハ600形が構内の片隅に保存されています。

P1150920.jpg

P1150919.jpg

P1150922.jpg


ここから徒歩で御坊の寺内町を散策しながら、終点の西御坊駅まで行きます。しかし、街を歩いて思い知ったのは、この御坊という町がとても歴史的な場所であるということ。特にこの寺内町といわれる一帯は、明治から大正、昭和初期に建造された建築物がゴロゴロと残っています。しかも現役で営業している店や、人の住んでいる建物も多く、生活感の感じられるところがまたすごいです。また、これだけの規模がありながら観光地として人が押し寄せることもなく、ひっそりとした光景はホントにタイムスリップしたような錯覚に陥ります。こんな所だとは知りませんでした…。

P1150924.jpg

P1150927.jpg


昔ながらの看板なども至る所に残っています。

P1150929.jpg

P1150934.jpg

P1150936.jpg


観光地化されていないがために、観光客が建物の中を見学したり、買い物を楽しむような場所も余りありません。途中みつけた老舗の醤油やさん「堀河屋野村」で味噌を購入しました。

西御坊駅から再度紀州鉄道に乗りJR御坊駅へ。

P1150951.jpg


帰りは高速道路で白浜に戻ります。
飛行機の時間まで少し余裕があったので、とれとれ市場で海産物の買出し。夕方にもかかわらず結構な人の多さでした。勝浦産のビンチョウマグロと釜揚げシラスを買い、市場内の食堂で海鮮丼の夕食。

P1150959.jpg

P1150962.jpg

P1150963.jpg


レンタカーを返却して空港に向かいました。

P1150973.jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

南紀白浜旅行 1日目

今年最初の旅行は南紀白浜にしました。

JALの10,000マイルが期限近くなり、使い道を思案していたのですが、この程度のマイル数ではおともdeマイル割引くらいしかありません。WAON等の電子マネーやポイントでは、マイル価値が発揮できませんからね…ここ最近の制度改悪でJALカードを解約してしまい、今後JALのマイルを貯めることもないだろうなぁと思いつつ、南紀白浜行きのチケットを予約。10,000マイルと21,580円のところ、数ヶ月前に期限到来で交換していた3,000 JALeポイントを充当して決済。おともdeマイル割引は一度予約してしまうと変更もできませんし、キャンセルしてもマイル分は戻ってこないので注意が必要です。

アドベンチャーワールドのある南紀白浜は、パンダ好きの妻にとっては聖地のようなもの。なんたって、7頭もいるんですからね。2頭が慎ましく過ごす上野なんかとは比較になりません。以前4年半ほど前にまだ結婚前の妻と行って以来、当時生まれたばかりの双子の赤ちゃんは大きく成長し、そしてまた新たに双子の赤ちゃんが誕生ということで楽しみであります。

さて、今回の旅のスタートは久しぶりの羽田空港第1ターミナル。おともdeマイル割引はインターネットチェックインが出来ないので、自動機で搭乗券を受け取る必要があります。南紀白浜行1381便はJ-AIRの運行。ブラジル製のエンブラエル170という機材です。小型機ということでやはりバスゲートからの搭乗。

P1150595.jpg


機材はエンブラエルですが、バスは787でした(笑)
P1150596.jpg

P1150597.jpg


通常冬場の西日本方面の出発便は、最も沖のD滑走路から離陸し、ぐるっと東京湾を一周して西に向かうのですが、この便は陸よりのA滑走路を北向きに上がり、左に旋回して大田区の住宅地の真上を通って行くハミングバードと呼ばれる出発ルートでした。一日3本程の限られた便が使用できる珍しいルートです。右の機窓からは東京港、スカイツリー、東京タワーと都心が見渡せます。
P1150601.jpg


一度南下した後、三浦半島で進路を西向きに変え、箱根、富士山を右手に見ながら僅か1時間のフライト。
P1150609.jpg


白浜の街が見えて来ました。
P1150613.jpg


1日3便の東京便が発着するだけの空港は、駅のような佇まいです。
P1150615.jpg


アドベンチャーワールドのオープンは10時ですが、なるべく早くゲートに並んで、1日15名限定のパンダラブツアーに参加するため、タクシーで向かいます。到着すると5本のゲートは最前列が全て埋まっています。
P1150616.jpg


すぐ正面に各先着順ツアーのカウンターがあって、開門と同時にその前へ並ぶわけですが、お目当てのパンダラブツアーは一番左のカウンター。一番近いゲートはすでに3組くらいの方が並んでいました。ゲートは少し離れますが、入場順番の早いゲートに並んだほうがよいと考えたのと、最前列の人はお一人様で、望遠一眼レフと三脚を用意しているところから、どうやらパンダラブツアーではなく、双子パンダの体重測定を最前列で撮りたい方の様。ということはこの後ろに並べば実質最前列です。

寒風吹きすさぶ中、南極のペンギンのようにじっと耐え、オープンの10時。年間パスポートを持った最前列の形はカウンターに目もくれずダッシュ。私はパンダラブツアー3組目に滑り込みました。一組3人まで申し込み可能なので、6組目以降の人はアウトになる可能性もあります。

1人5,000円という、冷静になって考えればとんでもない参加料を払って申し込み手続きを完了。12時15分に再集合です。

もうかなりの人が流れていってしまいましたが、遅れて双子パンダの体重測定を見物。後列ですがなんとか姿を見られる位置を確保しました。

スタッフに抱えられて登場した2頭の赤ちゃんパンダ。名前は桃浜と桜浜という姉妹です。
P1150623.jpg

P1150625.jpg


順番に体重計に乗せられて計測します。
P1150630.jpg

P1150633.jpg


アドベンチャーワールドには少し離れた場所に2つのパンダ飼育施設があります。もとからあるブリーディングセンターではこの双子とお母さんの良浜、お父さんの永明が暮らし、新しい施設P​A​N​D​A​ ​L​O​V​Eでは4年前に生まれたばかりの姿だった​海​浜、​陽​浜、そして妹の​優​浜がいます。
P1150659.jpg

P1150672.jpg

P1150665.jpg


アドベンチャーワールドにはパンダ以外の動物もたくさん。個人的にお気に入りはペンギンさんです。数が半端無いです。中には卵を温めていたり、雛を抱いているペンギンもいます。
P1150679.jpg

P1150690.jpg


パンダグッズはもちろん、フードもパンダ尽くし。
P1150697.jpg


パンダがいなけりゃただの動物園&遊園地ですが…。
P1150699.jpg


そしていよいよパンダラブツアーのスタート。PANDA LOVEの右手にあるスタッフ専用通路からバックヤードへ入っていきます。ちなみに前回訪れたときはJALパック専用のバックヤードツアーに参加しました。その時はまだこのPANDA LOVAはありませんでしたが、どんだけ好きなんでしょう…。

まずは飼育施設の中で映像を見ながらパンダの生活について学びます。すでに後ろのパテーションの向こうからパンダの息遣いが聞こえてきます。
P1150709.jpg


そしていよいよご対面。今日のお出ましは​優​浜。
P1150718.jpg

参加者が順番にエサをあげていきます。
P1150735.jpg

檻の一部はガラス張りになっていて、最後にこの前に座って記念撮影が出来ます。パンダもしっかり後ろのイスに座ってじっとしていてくれます。中に人間が入っているんじゃないかと思ってしまいます。
P1150772.jpg


40分ほどでツアーは終了。参加料は高いですが、日本で唯一のアトラクションですから仕方ありません。
外に出るとちょうどペンギンのパレード中。
P1150803.jpg


昼食を食べた後、自転車を借りてサファリパーク内を一周します。バスで回るのと違い、好きな場所で好きなだけいられるのがいいですね。

キリンもこんな近くに!
P1150836.jpg

更に近くに!!ぎゃーーっ
P1150838.jpg

サイも近くに!!
P1150840.jpg


小動物エリアではカピバラの子供たちも。
P1150864.jpg


あっという間の1日が終わり、最後に見納めパンダ。
ちょうど窓拭きの時間で、パンダが一緒になって動いていました。
P1150878.jpg


アドベンチャーワールドの閉園時間に合わせ、レンタカー屋さんの送迎をお願いしました。町内の店舗まで移動し、手続きをした後南部(みなべ)へ向かいます。

今宵の宿は南部温泉の「朝日楼」。フロントやレストラン、大浴場はリニューアルしたてでキレイ
P1150887.jpg

お部屋は普通のビジネスホテルみたいな感じで旅館ではないのですが、1泊2食付でこの日は8,500円とリーズナブル。食事も期待していませんでしたが、地の魚がたっぷり味わえて充分満足のいく内容でした。この日はちょうど中国の旧正月にかかっていたため、大型ホテルは混雑すると思い、団体客のこなそうな宿を選んで正解でした。

明日は南部梅林と御坊を訪ねます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パンダ手ぬぐいと手ぬぐい額

先週末に訪れた横浜中華街。数年前と随分変わったのは、やたらとパンダグッズが増えたこと。中華街でグッズといえばあの変なお面が幅を利かせてたワケですが、私はそれを買っている人を見たことがありません。パンダグッズは子供受け、女性受けもいいし、やはり売れるのでしょう。パンダ大好きな妻も、目の色変えてパンダグッズの選定に時間を割きます。

で、購入したのがこれ。パンダカフェというタイトルの手ぬぐいです。濱文様という横浜発の和モノグッズブランド。横浜捺染という木版技術を使った手ぬぐいが看板商品です。値段も1,000円と手ごろ。
P1150591.JPG

他にもいくつかパンダ柄の手ぬぐいがありましたが、妻が気に入ったのはこのパンダカフェ。後ろ向きのマスターとテーブルの向こうに、8頭のパンダがコーヒーをすすったり、新聞読んだり、談笑したりしています。立ち上る湯気がまたなんともまったりした空気を醸し出していますね。

で、こんな手ぬぐいを買うと飾ってみたくなるわけですが、ちゃんと手ぬぐい用の額ってのがあるんですね。知りませんでした…

楽天で検索をかけて、手ぬぐいと部屋の雰囲気に合いそうな額をチョイス。ポスターパネルクリエイトショップというお店に注文し2日で届きました。

P1150590.JPG


5,000円以上で送料が無料になるということで、他に何か無いかと探していると、壁掛けできるアクリルのコレクションボックスを発見。家具を置くほどではないけど、コレクションを飾りたいという場所に最適でした。サイズは縦横15cm、奥行き10cmと邪魔にならない大きさ。組み立ても1回目は少してこずりましたが、15分もあればできます。
P1150592.JPG


構造もよく考えられており、サイドのパネル1枚はノブをまわすと簡単に外れるようになっており、展示替えの際にはボックスをばらす必要もありません。
P1150593.JPG


コレクションを飾りたいけど適当な棚や家具がないという方にはおススメです!!

パンダカフェはダイニングの壁面収納キュビオスの上に掛けてみました。カフェでくつろぐパンダを眺めながら私たちも食事を楽しみます。
IMG_20150211_213444.jpg







横浜 原鉄道模型博物館

冷たい雨の降る中、ふと横浜に行きたいと思いつき、まだ訪れたことの無かったみなとみらいの「原鉄道模型博物館」に行ってきました。

この博物館では原 信太郎氏が収集した6000両にも及ぶ鉄道模型コレクションの一部を公開しています。ご本人は2014年に亡くなられてしまいましたが、その鉄道に対する熱い想いはこの博物館に受け継がれています。原氏の凄いところは単なる鉄道模型コレクターではなく、多くが自作であり、架線集電や鉄製の台車、レール、ブレーキなど鉄道本来の構造まで忠実に再現されているところにあります。氏の生きた時代から、新幹線や昨今の最新型列車が模型化されているわけではありませんが、ヨーロッパのクラシカルな車両を中心に、ある意味鉄道が最も輝いていた時代を忠実に再現しています。

最寄り駅はJR横浜駅またはみなとみらい線の新高島駅です。
横浜三井ビルディングの2階にあります。入場料は1,000円。

P1150571.JPG


入場すると原氏の生涯が、時代背景と共にパネル展示されています。
戦中、戦後とまだ鉄道模型などというものは極一部の人にしか手にすることの出来ない時代。原氏はかなり裕福な家庭に育ったようですが、小学生から一人で列車に乗り日本中を旅するなど、裕福であったこと以外は自分とも重なる部分があります(笑)

そして模型の展示コーナー。原氏のコレクションは1番ゲージという1/32サイズの大きなもの。なので展示品もかなり見ごたえがあります。社内の細かな装飾などはこのサイズでないと実現できないでしょう。
オリエント急行を運営していたワゴン・リ社の食堂車もご覧の通り。屋根は外れるようになっているのですが、天井も美しい装飾が忠実に再現されています。

P1150529.JPG


迫力ある機関車群。この車体の中に丹念に作りこまれた駆動機構が入っていると思うとゾクゾクしてきます。

P1150532.JPG


そしてここのメイン、世界最大級の1番ゲージレイアウト。鉄道博物館のジオラマもすごいですが、あちらはHOゲージ。あまりにレイアウトが広大すぎると車両がよく見えないという残念な結果になってしまいます。
が、ここはそんな心配無用。目の前を実車さながらのモーター音とジョイント音を響かせながら、重厚感のある機関車が通り過ぎていきます。自分がヨーロッパの鉄道風景の中に入り込んでしまったような錯覚に陥ります。

P1150549.JPG


中央には情緒あるヨーロッパのターミナル駅。
P1150537.JPG


一定時間で昼と夜が入れ替わります。
P1150554.JPG


最後の部屋には横浜を再現したレイアウトも。
P1150568.JPG


休日ということで家族連れも多く見かけました。が、正直言ってこの博物館は小さなお子さんには少し退屈かもしれません。いくら精巧とはいえ、クラシカルなヨーロッパの機関車よりも、のぞみ号やはやぶさ号の方が嬉しいでしょう。ここの博物館のよさが分かるのは、相当な大人になってからのような気がします。


とそんなことを思いながらランドマークタワーに足を向けると、ヨコハマ鉄道模型フェスタなるものが開催中。しかも入場無料。会場は小さな子から大きな子(笑)まで物凄い混雑ぶり。こちらは各社最新の模型車両や鉄道グッズが集まっており、先ほどとは全く違う鉄道模型趣味の世界の広さを実感します。

大人気のはやぶさ&こまち
P1150575.JPG


3月で定期運行廃止となる北斗星が雪のレイアウトを走ります。
P1150580.JPG


なんだか鉄道模型三昧の一日になりましたが、 最後は中華街へ。
台湾が恋しくなるとここでパイナップルケーキや花枝丸を調達しに来ます。食材に関しては比較的台湾産も手に入りやすいのですが、食事となるとなかなかありません。市場どおりの中ほどにある「状元郷」というお店がここ数年の定番。オーナーが台湾人ということもあり、本場に近い台湾グルメを食すことが出来ます。
P1150589.JPG


特にアルミの弁当箱に入ったパーコー(豚のスペアリブ)飯は、台湾の駅弁を髣髴とさせるB級グルメ。
P1150586.JPG

P1150588.JPG

ルーロー(豚肉煮込み)飯も美味しいですよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。