So-net無料ブログ作成
検索選択

エアコンクリーニングを依頼してみた

今年も暑い夏が近づいてきました。

我が家には計4台のエアコンがありますが、私たち夫婦の寝室にあるエアコンを使用したときに噴き出してくるカビ臭い匂いがどうにも気になって仕方ありませんでした。妻はあまり気にしていないのですが・・・
すっぱい系の匂いではなくて、ホントにカビ臭いというか、とくにかく臭いんです。ネットでエアコンの手入れなどを調べながら、外から除ける範囲で見てみると、吹き出し口が結構黒くかびているのが分かりました。うぅっ・・・気持ち悪い。麺棒にアルコールを少しつけ、ファンの中を擦ると真っ黒…ホームセンターなどで売っているスプレーはあくまで熱交換フィンの部分に使うものだし、これらもかえって状態を悪くするなどという話も聞くので、これはもう素人には手におえない。

そこでネットでエアコンクリーニングの業者さんを探して見ました。大手のダスキンなどは有名ですが、調べると結構あるんですね。でも使った人の口コミを見るとあまりよろしくない業者もあるようです。まぁ業者同士の叩きあいもあるんでしょうが、あまり安さを売りにしているところは怖いですね。

で、結局オーダーしたのは「クリーンクルー」さん。まぁポツポツ悪い話もあがっていますが、業者の問題というよりは人の問題のような感じもしたので、はっきり言って運次第ですよね。料金はダスキンなどに比べると2割程度安く、夏のピーク前ということでキャンペーン中なのと、2台以上頼めば割引もあるしということで早速電話。電話の応対はとても分かりやすく丁寧でした。


まだ比較的スケジュールが空いているとのことで、電話してから数日後の週末にお願いすることが出来ました。当初は寝室のエアコンのみで考えていましたが、母の部屋のエアコンも結構カビが目立っていたので2台。そして母の部屋のエアコンには防カビコートのオプションもつけました。でも1台4,000円もするので、まぁお試しということで。

そして当日。
作業員は男性、女性の1名ずつ。夫婦ではなさそうです(笑)。まぁでもこういうのって個人事業のフランチャイズでされている人が多いでしょうからね。

軽自動車から高圧洗浄機やバケツなどの道具を出して準備開始。
P1000982.jpg


手際よく外枠をはずし、ビニールシートで養生していきます。それにしても羽を外すだけでも結構あちこち爪を外したりして面倒なんですね…
P1000984.jpg


まずは洗剤液をフィンやファンに塗布。すでに真っ黒な液体がボタボタとバケツに溜まっていきます…
P1000986.jpg


そして高圧洗浄機で洗い流し。おぞましいほど黒い水が出てきます(笑)
P1000992.jpg


汚い絵ですがこんな感じ。上が寝室、下が母の部屋。やはり匂いの酷かった寝室はかなりの黒さ。一方は母の部屋はタバコのヤニのような茶色っぽい色。もちろん吸ってませんし、線香も使っていないのですが、なぜでしょう。キッチンが近いからかな?
P1000993.jpg


ということでトータル2時間ほどで終了。ただ、そのほとんどは準備や片付けに掛かっている時間で、実際に洗浄しているのは2台で40分少々。同時並行で1名が本体を洗浄し、もう一人がお風呂場でフィルターや部品の洗浄をしているので早いです。

終了後テスト運転をしてみると、それまでのカビ臭い匂いはまったくなくなりました。購入したての頃のような清清しい風が吹き出してきます。本当は機械の後ろ側とかもやってほしいのですが、多くの業者さんはそこまではしてくれません。それでも部屋中にカビ菌をばら撒いている状態をある程度抑えられるので、気になる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? 夏前や秋のオフピーク時にお願いすれば、キャンペーンもやっていると思います。カビの繁殖はほとんど夏でしょうから、一番よいのは冷房を使い終えた秋頃でしょうかね。家自体もそうですが、快適に健康に暮らすためにはある程度のメンテナンスが欠かせません。出費は痛いですが、買ったら終わりではない設備や器具類は、しっかり予算を確保して対処していかないといけませんね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。