So-net無料ブログ作成
検索選択

コイズミ KOIZUMI 遠赤電気ストーブ グラファイトヒーター KKS0651Wを購入

比較的暖かかった12月に比べ年明けから急に冷え込んできました。
コンクリート住宅であるパルコンの冬は、建て替え前の木造住宅に比べれば断然暖かいものの、24時間換気がしっかり働いているおかげのせいか、排気箇所となる洗面所やバス、トイレは結構な寒さになります。

我が家ではエアコンの他にもこれまで紹介したような電気ファンヒーター、カーボンヒーター、ホットカーペットを適材適所使い分けてきましたが、今年は比較的使い勝手のいいいカーボンヒーターを増設することにしました。場所は3階の洗面所兼脱衣所で、これまでYAMAZENのファンヒーターを置いていたのですが、これを2階のダイニングテーブルの下に置いてみたところ、結構いい感じに暖まってくれたので移設とし、空いたところに今回購入するヒーターを置くこととしました。

購入したのはコイズミの遠赤電気ストーブ グラファイトヒーター KKS0651W。以前同シリーズのKKS0611というのを購入しており、即暖性と省スペース性に優れていたので、今回もこのシリーズを購入。ヨドバシカメラ.comで5,950円でした。

右側が以前から使っていたKKS0611、左が今回購入したKKS0651W。ぱっと見はほとんど違いがありません…

IMG_20160119_204957.jpg


しかしスイッチを入れてみると…

IMG_20160119_205114 (1).jpg


明らかに左のKKS0651Wの方が明るいですね。電力は同じ600wなのですが…
違いの秘密は発熱体です。どちらもカーボンヒーターであることに変わりはないのですが、KKS0651Wは黒鉛を使用しており、従前のカーボンヒーターに比べ遠赤外線の照射量が多く、起動時の立ち上がりも早いのが特徴です。その分お値段は若干割高になりますが、そのメリットに比べたら安いものです。ちなみに最近はシーズヒーターという更に熱効率のよいヒーターも出ていますが、こちらは価格が更に高いのと、立ち上がりが若干遅いというデメリットがあるため、現時点ではグラファイトヒーターがベストチョイスと判断しました。

実際に使用してみると違いは歴然で、より離れていても、より暖かく熱を感じることができます。お風呂上がりや早朝の洗面時など、直接熱が当たるのは下半身だけなのですが、遠赤外線の効果で肌の表面はポカポカで、その熱が血液で体中に届けられるため、1~2分もすれば体中が暖かくなってきます。

まぁホントはセントラルヒーティングや床暖房で全館ガンガン暖められればいいんでしょうけど…我が家ではこうして適材適所の暖房器具を使い分けて凌ぐしかありません…



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

家庭向け電力小売自由化を考える

2016年4月の家庭向け電力小売自由化スタートを前に、年末年始を挟んで各社から料金プランが発表されました。特に新電力の中でも有力視される東京ガスが12月24日に料金プランを発表。おそらくその出方を伺っていた他社も年明けに相次いで発表し、守る東京電力からも1月7日に新プランのリリースが出ています。電力自由化の詳細は各サイトでたくさん記事がありますのでそちらをご覧いただくとして、今回は我が家の自由化に備えた検討のプロセスを掲載しておきたいと思います。


各社プランの特徴を見る

まずはすでに発表されている各社のプランと、東京電力の既存標準プランを比較しておきたいと思います。一番左が現在我が家が契約している東京電力の従量電灯C、そして東京電力の新プラン3種と、新電力4社のプランです。

ec1.gif
※料金は各段階1kWhあたりの単価。但し東京電力のプレミアムプランは第一段階定額制。基本料は60A以上で契約した際の10Aあたりの単価。但しS と記されている欄はスマート契約で、1年間の30分あたり最大消費量から算出される、1kWhあたりの単価。


皆さんご承知のとおり、現在の電気代は3段階制になっていて、段階が上がると単価も上がる仕組みになっています。世の中の法則では、使えば使うほど単価は下がるということになりますが、家庭向けの電気だけは例外。ガスは逆に段階が上がれば単価が安くなるんですけどね…これはライフラインとして国民の最低限の生活を保証するという観点からとされています。新電力各社ともこの最低ラインのユーザーを積極的に取りに行くことはなく、最も利益の出る、つまり年間を通じて第3段階まで達する程度電力消費の多いユーザーがターゲットとなっています。東電のHPにも記載のとおり、年間を通じて300kWh/月に満たないようなユーザーはあえてプランを変えたり、他社に乗り換えるメリットはあまり無いようです。

それでは各プランの特徴を簡単にまとめておきましょう。

<東京電力・スタンダードL/Xプラン>
これは現在の従量電灯契約のほぼ同条件と言えるプランになりますが、新プランではTポイントまたはPontsが使用料の0.5%付与されます。しかし従来プランに比べ、ポイント還元率以上に値上げされているところが東電の強かなところ… Lプランは従来通り最大電流によって基本料が決まるプラン、Xプランはスマート契約と言って、1年間を通じて最も電力消費量の高かった30分を基に基本料が決まるプランです。最近はIHコンロやホームエレベーター、エアコンなど100Vに比べ半分の電流で済む200Vの電気製品が増えてきていますから、Xプランはちょっと不利なような気もしますが、使い方次第では有効かもしれません。

<東京電力・プレミアムプラン>
このプランは今回東京電力が発表したプランで最も力の入ったプランです。基本料は前述のプランXと同じくスマート契約(但し単価が94円も安い)、そして月400kWhまでは9,700円の定額、400kWh以降も既存プランに比べ0.9円ほど割安となっています。東電ではこのプランに限り2年契約を条件に12,000相当のポイント進呈など別格の優遇策を用意。つまりこのプランでお得になるユーザー層が、まさに電力自由化にともなって他社が虎視眈々と狙っている格好の草刈り場というわけです。後で比較のグラフも出てきますが、よく考えられたプランだと思います。

<JCOM>
我が家はJCOMのケーブルテレビを利用していますので、セットでお得になるなら有力な選択肢と思っていました。ところが…いざ発表されたプランを見てガッカリ。基本料は東電と同額、単価が第一段階0.5%、第2段階1%、第3段階10%とそれぞれ割安になっています。このプランを見てまず感じたのは、独自に○○円という料金設定をせず、同時期の東電のプランから○%引きという契約になっていること。確かに分かりやすいといえば分かりやすいかもしれませんが、第3段階の10%引きという数字を誇張したいがためではないかと…
結局トータルで見ると大して割安にもならず…まぁこの会社、最近サービス品質最悪で、とてもこんなところに電気などという重要ライフラインを任せる気にもならないのでいいのですが。

<東京ガス>
新電力最有力とも目された東京ガス。都区部であればほとんどの家庭がガス契約を持っているでしょうから、セットプランによる割引も期待されたところでした。しかしこちらも蓋を開けてみればあまりお得感もなく…。インターネットなどと組み合わせれば多少マシになりますが、あえて積極的に選ぶことにはならなそうです。

<東燃ゼネラル>
かつてのモービル石油、エッソ石油、東燃、ゼネラル石油の4社をルーツとするエネルギー企業の老舗。他社と異なるのは、契約電流によって基本料金、従量料金の単価が変わること。我が家のように12kvAという高電流で契約しているユーザーには大変ありがたいです。自社で発電から販売まで手掛けることになりますが、他社と比べポイントや特典提携はありません。その分価格で勝負といった感があります。

<ENEOS(Jxエネルギー)>
こちらが今回の大本命。基本料金や段階制は東電の従来プラント変わらないものの、第二・三段階の従量単価は割安感一番です。特に第三段階の単価は25.75円と、東電に比べ4.17円も低い設定になっています。JXエネルギーはENEOSブランドで給油スタンドを展開する、オイル系のエネルギー企業ですが、企業向けには10年以上の電力供給実績があります。また、自社発行のクレジットカード、ENEOSカードとの提携によりスタンドでのガソリン給油が割引になったり、TポイントやANAカード、VIEWカードとも提携を決め、価格そのものの競争力に加え、特典面でも優位に立ちます。また今後auとの提携も発表されています。


使用料別お得ラインはどこか?

各社の料金プランを使用量と比例させた表が以下のとおりです。我が家の12kvA契約を前提に基本料を含めた合計額で比較しています。スマート契約の基本料については5kWhで計算。あまり大きな差がないためちょっと見づらいですが、各社がどのあたりの層を狙いに行っているのかという特徴はわかると思います。

ec2.gif

ec3.gif


まず、360kWhまでの比較的低消費のユーザーは東燃ゼネラル。但しこれは我が家の12kvA契約を前提にしていますので、50A以下の契約の場合だとJCOMやENEOSあたりも選択肢に入ってきます。

そして草刈り場となる400~500kWhの層は東電のプレミアムプラン。グラフも見ての通り、狙っているユーザー層が非常にはっきりしています。この層のユーザーは他社に渡さない!という東電の強い意気込みが感じられます(笑)
このプランはスマート契約で、表では基本料単価の算出基準を5kWhで計算していますから、ウチはそんなに使わないよ! ということであれば1kWhあたり468円、年間で5,616円基本料が削減できます。

さらに上、600kWh以上の層はENEOSの圧勝。第三段階25.75円の単価が効いて、使えば使うほど差が開いていきます。


我が家の実態に当てはめると…

これまでの結果を踏まえ、過去2年間の我が家の電気使用状況に当てはめて、どの会社と契約するのが一番お得なのか考えて見ます。上段が2014年、下段が2015年の月別使用実績です。ここでは基本料と使用料のみ計算し、税金、その他の配賦金は考慮していません。

ec4.gif


年間での最安はENEOSという結果になりました。現在我が家は電化厨房割引の適用対象のため、この分を考慮すると約4.4%、0.5%のポイント還元を加えると約5%ほどの費用削減効果があります。一方、月別に見ていくと、5・6・9~11月の空調不使用期間は基本料の安い東燃ゼネラル、3・4・7・8月のショルダー期間は東電のプレミアムプランが最安であることがわかります。しかし、プレミアムプランを選択した場合、空調不使用期間の5か月は400kWh未満の使用量にとどまるため、定額料金分を使い切ることができていません。結果として年間で見るとENEOSに対し3,000円程度の差をつけられてしまっています。しかし、今回の比較ではプレミアムプランのスマート契約基準を5kWhとかなり余裕を持った条件で適用しています。つまり、契約基準を1kWhでも下げられれば、年間で見ても東燃やENEOSと逆転することになるわけです。


とりあえず結論

ということで、各社のプランを検討すると我が家の場合「難しいこと考えたくなければENEOS」の一択になります。しかし、東電のプレミアムプランはスマート契約という新しい基準で、我が家の条件でどれだけメリットを見いだせるかという若干挑戦要素はあるものの、うまく運用できればENEOSを上回る削減効果が期待できます。試しに年間で最も電気を使用するであろう1月の夕方、食事の準備をしている時間帯の60分をサンプルで測定したところ、おおよそ2.5~3kWhという結果になりました。この中には暖房、IHクッキングヒーター、電子レンジ、炊飯器、プラズマテレビなど、我が家の中でも特に電気食いな機器が稼働しています。ここにホームエレベーターを2往復程度加えたとしても、5kWhにはならないのではないかというのが結論です。また、このプランは4月からスタートするため、2016年内は4月=>7月=>8月=>12月という順で契約基準が上昇していき、2017年以降は毎年1月の契約基準が継続していくものと見込めます。

また、空調を使用しない期間については、食洗機や洗濯乾燥機を積極的に使うことで、水道料を削減したり、梅雨時の洗濯効率を上げたりすることも期待できます。

ということで、我が家の結論としてはまず東電のプレミアムプランを選択し、キャンペーンの12,000ポイントを頂いたうえで年内を運用、2017年1月の契約基準が5kWhを上回るようであればENEOSへ乗り換える、ということになりました。この際プレミアムプラン2年契約の解約料5,000円が必要になりますが、キャンペーンで手にしたポイントを充当すればリスクはありません。結局東電に落ち着くというちょっと面白くない結果ですが、まずはこれで電力自由化1年目を迎えたいと思います。

※2/13追記
東京ガスが料金プランの値下げを発表しましたので、シミュレーションを見直しました

関連記事
~電力自由化~ でんき家計簿で30分毎の消費量を確認
~電力自由化~ スマートメーターの切り替えが完了しました
家庭向け電力小売自由化を考える 2

東京西川の高級枕 エアー4Dピロー を購入してみた

人生の中で自分にぴったりの枕に出会うことのできる人はどれだけいるのでしょうか? 人生とは理想の枕を探し続ける旅のようなもの…今日は東京西川のエアー4Dピローを購入(いや買ってもらった)したというお話です。

クリスマスが過ぎ、お正月も終わり、世間の浮かれ気分が一段落するとやってくる嫌なイベント。そう、誕生日。男の誕生日なんて二十歳を過ぎたらもう嬉しくも楽しくもなんともないわけですが、まぁ妻の誕生日で使ったプレゼント代をどれだけ取り返せるかということくらいが関心事ですね。

とは言えこれと言って欲しいものもなく、新宿の東京ハンズを上階から舐めていくうちに目に止まったのは寝具売り場。最近ハンズやデパートの寝具売り場って、マットレス・ピローメーカーのショールームみたいになっているところが多いですよね。マニフレックスやテンピュールあたりに始まり、最近はエアウィーヴや西川と徐々に拡がっているような気がします。ネットショッピングが当たり前の世の中とはいえ、寝具はやはり実際に試してみないと「高いもの買いの銭失い」になってしまいますからね…

我が家は新築の際にサータの「ポスチャー・パーフェクト・スリーパー」というマットレスを購入してまして、非常に満足しているわけですが、枕に関しては5年位前に買った「フィベール」がそろそろヘタってきたかなという状況。フィベールはデンマークの老舗医療寝具メーカー「ダンフィル」が製造するブランドで、海外のホテルにあるような弾力のあるしっかりした作りの枕。、5000円ちょっとの予算で買えるため通販サイトでもコストパフォーマンスの高い枕として評判が高くなっています。まぁフィベールの買い替えでもよかったのですが、5000円では妻の誕生日プレゼントに投資した額の5分の1も回収できません。ここはひとつ高級路線にチャレンジしてみようかと、まずはマニフレックスの売り場で体験してみたのですが、どうもしっくりこない…私は横向きで寝る派なので結構モノを選びます。自分の寝姿勢について語っていると、店員さんが西川さんの枕のほうがいいかもしれませんね~と、わざわざ隣の売り場から「エアー4Dピロー」というのを持ってきてくれました。実際寝てみると、確かに高さや硬さはちょうどいい感じ。枕全体が立体的な作りになっていて、低くなって欲しいところは低く、高くなって欲しいところは高くなっているのがよくわかります。

店員さんによると東京西川の「エアー4Dピロー」は「4D感覚特殊立体構造のコンディショニングピロー」とのことで、なんだかよくわかりませんが、2015年6月に発売されたばかりの新商品とのこと。それまでの「エアー3Dピロー」の上位モデルで、「3D」では2cm、1cmの高さ調節用シートを挟むことで、自分にあった高さの枕をセミカスタマイズできたのですが、「4D」ではさらに2cm用の高さ調節シートが左右と中央上下4つに分割され、カスタマイズの幅が更に拡がっています。これにより私のような横向き派は、サイドを少し高くとることで下になる肩の負担を抑えることができ、上向きで寝るときは少し低くなっている中央部を使うことで、首に負担をかけることなく自然な姿勢で寝ることができるようになっています。お値段は2万円ほどと、決して安くはありませんし、ウレタン素材なので正直耐久性もちょっと不安なのですが、一番自分の寝姿にしっくり来たのでこれを購入することにしました。

さて、自宅に帰って早速開封。
本体はスポーツ選手などが持ち歩くことを考慮してか、AiRのロゴが入った袋に入っています。

そして取り出したところ。

DSC_0067.JPG

そしてカバーから取り出すと裏はこんな感じになっています。

DSC_0066.JPG


一番底にあたるの4つのシートはサイドと中央の上下を調節。ちなみにシートをすべて挟んだ状態でも中央部は上と下で高さが異なっており、上下ひっくり返せば自分にあった高さで使うことができるようになっています。そして2枚目のシートで全体の高さを微調節。とりあえず全体用だけ1枚抜いて使い始めてみました。

数日間使った感想ですが、横向きの際の方の負担は非常に軽くなりました。「朝起きて肩が痛い!」ということがなくなりました。ただ若干気になるのは寝返りをうつときに中央の低い部分に頭がハマってしまうと結構な力が必要なこと。でも逆にここにはまれば本来理想的な上向きの寝姿勢が結構楽にとれるので、まぁこれはこれでいいかなと。ということでまずは快調なスタートとなりました。

枕ばかりは個々人の寝姿勢や体型によりけりなので、一概オススメすることはできませんが、すくなくとも調整の幅のある枕であれば、より自分の理想に近い枕をカスタマイズできることは間違いないですね。

なお、4Dはまだ販売店が限られているのと、お値段も少々高いので、ワンランク下がりますが従来の「3D」でもいいかもしれません。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行